白河総合診療アカデミーとは

Organization & Environment

Organization

アカデミーの組織

センター長
前原 和平
白河厚生総合病院名誉院長
白河厚生総合診療アカデミー客員教授
臨床研究プログラムディレクター
福原 俊一
福島県立医科大学副学長
京都大学医学研究科 名誉教授
Johns Hopkins大学客員教授
内科・総合診療 専攻医プログラムディレクター
宮下 淳 講師
  • 内科・総合診療専門研修指導
    東 光久 准教授
    宮下 淳 講師
    鈴木 龍児 助手
  • 臨床研究指導
    竹島 太郎 准教授
  • フェロー
    藤井 浩太朗
客員教授
Michael J. Klag, MD, MPH, MACP
Johns Hopkins大学SPH前学長、教授
Thomas Inui
Associate Faculty,Department of Health Policy and Management
Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health
野口 善令
名古屋第二赤十字病院 副院長 第一総合内科医長
特任教授
草場 鉄周
日本プライマリ・ケア連合学会理事長
北海道家庭医療学センター理事長
清田 雅智
飯塚病院総合診療部 診療部長
成田 雅
沖縄中部病院感染症内科

白河厚生総合病院

白河厚生総合病院は、福島県南部に位置しており、医療圏19万人をカバーする471床の中核総合病院です。専門科が揃い、地域完結型の医療を目指しています。県南医療圏は相双医療圏・南会津医療圏に次いで医師不足の地域(平成24年度厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師調査」より)であるため、県内でも特に病院総合医・総合診療医の育成が急務とされている地域です。

白河厚生総合病院外観
白河厚生総合病院エントランス

白河のまち

古く奈良時代より白河の関として知られてきた白河市は東北地方(奥州)への玄関口であり、江戸時代は現在の福島県において会津藩に次ぐ10万石の城下町でした。
白河小峰城は「寛政の改革」を主導した松平定信公の居城です。「白河の清きに魚のすみかねて、元の濁りの田沼恋しき」と定信公を揶揄した狂歌が有名ですが、白河では清廉潔白な名君として語り継がれています。定信公が殖産した白河だるまは谷文晁のデザインによる福々しいもので、2月11日(建国記念日)には白河だるま市が開催され、県外からも多くの人が訪れます。また定信公は「士民共楽」という理想を掲げて、誰もが楽しめるように日本で初めての人造湖「南湖」を造成しました。今でもお花見をはじめとして市民の憩いの場となっています。また白河提灯まつりは日本三大提灯まつりのひとつとされ、夜に提灯みこしが阿武隈川を渡河する光景は幻想的で、見る人の心を魅了します。
このような歴史を有する白河市は人々の信頼関係や結びつきの強いコミュニティであり、いわゆるソ-シャル・キャピタル(社会関係資本)の蓄積されたまちです。交通の便も良く、東北新幹線、東北高速道が走り、東京通勤圏の北限となっています(東京駅まで1時間20分)。また2020年の全国住みよさランキング(東洋経済新報社)では白河市は福島県内トップで全国61位でした。

白河関跡(しらかわのせきあと)
白河関跡(しらかわのせきあと)
白河小峰城
白河小峰城
松平定信公自画像
松平定信公自画像
南湖公園
南湖公園
白河だるま市
白河だるま市
白河提灯まつり(鹿島神社祭礼渡御祭)
白河提灯まつり(鹿島神社祭礼渡御祭)